トップ

文字サイズ設定

本文文字サイズを大きくする 本文文字サイズを小さくする

白助物語:原文

白助像写真お能の翁面を思わせる白助像
(開基殿本尊)
仁王三十五代、舒明天皇の御宇に、当寺(大和長谷寺)の宝石も観音も、いまだ顕れたまわざる前一百年ばかりに、信濃国更級郡姨捨山のほとりに、允恭天皇六代の孫、白介(白助に同じ)の翁という人おわしき。

(白助の)祖父、朝家(皇室・大君)に不忠のことあって、彼の国に移されて後、彼の国の土民となり、貧人てぞおわしける。幼少のとき父母に別れ、生長の後、孝行をつくす雙親の菩提の為に、みづから薪を取って、千日の湯をわかし、毎日一本の卒塔婆を造る。すでに千日の湯、千本の卒塔婆、思いのごとく成就す。

これを供養せんとするに導師も布施もなし。思いのあまり善光寺に参ってこのことを祈るに、七日に満する早朝に、忽然として一人の僧現に来たり。請わざるに云う。汝の孝養の志もっとも深し。我行って汝が願いを果たさんと云う。翁悦んで更級郡に共に行って、この僧を導師となし、宿願を果たす。

其説法の詞に、教て云く、汝が所願成せんと思は、我朝大和國長谷寺と云う所は、功徳成就の地、生身の十一面観自在菩薩在す。衆生を利する砌なり。毎月彼の山に参詣して、自身の現當二親の菩提を祈るべしと云う。

説法の後、施主の翁が請に依て、件の僧千日の湯屋に入って沐浴す。則ち浴室に異香薫じにおいければ、翁あやしみて窓の間より僧をみるに、金色の阿弥陀如・来まします。随喜のあまりに、内へ入って礼せんとするにましまさず。ただ異香のみ留て、多年を経て湯屋破れて後、浴室の板七枚を新長谷寺のお堂に納む。異香薫じて今に有り。末代眼前の不思議。是れ善光寺の如来化けて、長谷山は観音往古の霊地たることを顕したまえるなり。

シラスケ物語イラスト1翁かの説法の詞にしたがって、当山(奈良の長谷山)に尋ね入るに、寳石いまだ顕はれ給わざる前なれば、堂舎もなく、本尊もいまさず。ただ茫然として山に向かうほどに、中心に當って光を放つところあり。其の在所に卒塔婆を立て、毎月に香花を備えて礼拝し念誦すること三ヵ年。

或夜の夢に件の卒塔婆の下に、今顕はれ給う金剛座の辺りに、立像の十一面観世音菩薩まします。其の右の脇に十七八計の童子います。夢の内に歓喜して、誠に当山は観音利生の砌なり。掌を合わするところに童子告げて云く。此の尊に汝が功を入れ奉らば、汝が所願必ず成すべし。明日この山を出るとき、最初に相たらん女を妻とすべしと。

夢さめて下向しけるほどに、初瀬の里、森というところにて、童子一人具したる女に合ぬ。みめことからゆゆしくして、立ち寄るべき様もなし。翁兎角親しみ依って、夢想の様を語る。女則ち汝に従わんと云う。悦んで具足して本国更級郡に下る。

此の女みめと云い、心さまと云い、馴るるに付て彌々志し深し。月日を送る程に、かかる女房ありと、領家蘇我大臣これを聞きて、心移って、かの夫に親しみ寄って、或る時領家と翁と小弓を番て云様、我もし負けなは千両の金を汝に取らせん。我もし勝たらは汝の妻を我に與えよと云う。夫心中に深く歎いて、思いのあまりに観音に祈念し奉て、計らず勝て千両の金を取る。

シラスケ物語イラスト2領主かさねて云く。最上の相撲を以て汝に合む。もし我方敗けなば汝をして領家代と成さん。我れもし勝たは汝が妻を我に與えよと云う。翁答て云く。君ならば我も合へし。代を立は、我も人を尋と云て、後日を契て去ぬ。翁此事を妻に語る。こたえて云う。汝ぢ歎くことなかれ。我汝が代りを尋ねと云て、則ち長谷より具する所の童をやる。

次の朝六十ばかりの男の疲衰えたるを具して来る。その男相撲にまた勝ちぬ。翁悦んでこの男の由来を尋に、詳かに答えず。密かにこの男の行く所を見るに、近江国高島郡太山寺の右の仁王と見成す。

彼の翁終に領家代と成り、千両の金を以て、ゆゆしく富貴にして、且は二親の菩提の為、且は大悲報恩の為、夫が長谷寺( 奈良)にて夢に拝し處の十一面を造り奉って、我が敷地に寺を建つ。今の信濃国更級郡の新長谷寺是れなり。

シラスケ物語イラスト3その後九ヵ年を経て、くたんの本尊の左手忽然として失せぬ。時天くもり山幽にして、翁が家を巻き覆い、夜中に及んで件の女房の云う。我は是れ長谷寺の地主瀧蔵権現なり。大聖の御使に此の所に来れり。然るに此本尊の御手失せ給ふ事並びに我が怪異也。汝が所願すてに成就す。我れ本山に帰って、常に此の山に影向し、この伽藍を守り奉んと思ひ、日頃汝と夫婦なりと。人に語るべ可らす。但し、後の形見の為、来世衆生のため、我が一手を留と云て空に上り、霞に入ってうせたまいぬ。則ち亦具する所の童、我は是れ長谷の山口の神なり。日頃汝に仕と。人に語るべ可らずと云って同じく天に上る。

其の夜、かの女房日頃持ちたりける手箱、異香薫じて室に満つ。恠んて蓋を開けて見れば、中に件の女房の左の手あり。七日を経て後、肉色変て金色と成る。この手を本尊の御手に合て、都へて違わず。今にこの仏の左の御手温かなり。是れ併當寺の観音の御恵も、此の山の諸神の御方便にて、彼新長谷寺を建立し人を度せんか為なる者か。今に威験新にして、貴賎の帰依を成す。

この翁に五人の子息あり。死去の時分各一万石を與う。其れより人合て五万長者と名つく。凡そ和州長谷寺の本願は、善光寺の如来の告に依って、寳石未だあらわれざる前、この山の利生にあつかる。

住職による解説

 鎌倉時代初期の編纂と伝えられる『長谷寺霊験記』は、奈良長谷寺の霊験譚を集めた説話集ですが、その下巻の冒頭に私たち長谷寺の縁起を伝える白助の翁の物語が記されています。

 この物語は今を去る遥か1400年も昔、更級の里に住んでいた一人の男シラスケが亡き両親の供養を祈り、善光寺如来の霊告によって大和の国の初瀬へと巡礼の旅に出るところから始まります。シラスケの貴種流離譚を思わせる謎めいた話や、美しい女性との出会いと別れ、女が残していった左腕の怪異など、物語は私たちの深い心の旅へと誘いながら、やがてシラスケによる本尊十一面観世音菩薩の奉安と信濃国長谷寺の開基へと展開していきます。私たちはこのシラスケ物語を読み味わう時、この物語が人間の魂の再生と成熟への物語として見事に描かれていることを知るでしょう。

 「ハツセ」という言葉は、「初瀬」とも「泊瀬」とも表記されますが、これは水の流れに強い関心を持った古代人の霊魂観に由来します。我々の祖先は、水の流れが泊まっては流れ初める瀬に、終わりと始まりがひとつになる永遠への世界を垣間見、魂が死んで甦ってくる霊地として畏れ敬ったのです。そのように水の流れが泊まっては流れはじめるのは「長い谷」であり、各地のそうした奥まった谷川が「ハツセ」と呼ばれて聖地として信仰されたと考えられています。したがって、そこへ往って還ってくるのは「死と再生の擬似体験」であり、長谷詣でとは、自らの魂の死と再生を願う巡礼なのです。その幽明の境に観音菩薩は立ち現われるのではないでしょうか。

 シラスケの『シラ』は古語としては「生まれ清まり」を意味する言葉であるといわれますから、まさしくこの物語は、ハツセという聖地において生まれ清まった、再生した人間の物語なのです。そしてシラスケの祈りは彼ひとりの祈りであることを超えて、やがて当山を開き、更級の大地に仏教や豊かな文化を育むまでに広がっていきました。

 私たち日本人の心は、今、深い闇へとさ迷い込んでいます。この暗い闇から再生する新しい物語の創造が望まれています。この物語が、そんな魂再生の物語を創造する手がかりを与えてくれるものとなることを祈っております。

戻る5/5次へ